• 日本マグマ発電株式会社は、「未来の子供のため、地球のため」に、地熱発電を開発、運営し、クリーンエネルギー事業を加速させて参ります。

ベースロード電源を目指して

私たちの生活に欠かせない電力。その電力の特徴は蓄積できない、という点にあります。コストを掛ければ一部蓄積が可能な時代になりましたが、日本の国全体を動かすための電気の蓄積は事実上不可能です。電力の消費は、国としてみると「安定的に必要な需要」と、季節やイベントなどによって「変動する需要」があります。電力を供給する側としては、安定的に必要な需要に応える「ベースロード電源」という電源の確保が必要となります。

発電の安定供給が抱える問題

ベースロード電源の供給という一定量の電力消費に対する発電は、どうしても原子力発電や化石燃料発電(火力発電)のような安定的に発電できる電力源に頼っています。
しかし、原子力発電所の安全性の問題、化石燃料発電によるCO2の排出等、国内で抱える発電の問題は山積みです。
また以前より普及してきた太陽光発電や、風力発電などのクリーンエネルギーは、天候や環境に左右されるため、発電に安定性がなく、発電量も少ないことから、「安定性」という意味ではベースロード電源にはなりにくいのが現状です。

なぜ、地熱発電が普及しないのか

日本においては、既に50年以上前から現在に至るまで発電が行われている施設がありましたが、ここ数十年は新たな施設が建設されていません。これは、地熱発電を行える土地が国定公園内であったり、温泉街を支える源泉の近くに多く存在するため、その他事業者からの反対があったことが主な原因でした。現在では、自然環境や源泉に影響が出ないか事前調査で明らかになるため、昔と比べて建設のハードルは下がりました。

基本的な地熱発電の仕組み(フラッシュサイクル)

地熱発電の仕組み

長野県王滝村・名古屋大学の御協力で夢が実現します。

火山大国日本における地熱発電は、まさに地熱を使うことで安定的なエネルギーの確保が可能であり、天候や環境に左右されることなく、安定的に発電できる自然エネルギーです。
また米国などでは多くの地熱発電が行われており、技術的にも実績のある発電事業へと成長しました。

私たち、日本マグマ発電株式会社は、長野県王滝村の方々、名古屋大学と協力し、地熱発電を行っていきます。王滝村は、火山が近く地熱発電に大きな可能性があります。地域の方々、産学連携をして、地熱発電事業を進めてまいります。

5年後には、日本一の地熱発電施設を!

私たちは、安定的に供給できる自然エネルギー、地熱発電を未来の子供たちのために、未来の地球のために活用し、新たな電気を国民の皆様に届けてまいります。

© Copyright - 日本マグマ発電株式会社